高速大規模電磁界解析

 

大規模並列電磁界シミュレーション

領域分割型並列有限要素法によるT.E.A.M.problem20の解析結果(磁束密度分布)

大規模解析モデルによる電磁界シミュレーションは,高い計算精度を誇る一方で,計算時間の増加を引き起こします.しかし,実際にモータなどの電気機器を設計する際には,高精度かつ高速なシミュレーションソフトが必要です.

そこで,スーパーコンピュータのような,高並列処理が可能なクラスタシステムを用いて,高精度かつ高速なシミュレーションを実現する解析手法の開発を目指し,研究を行っています.